封筒

封筒のデザイン


一概に封筒と言っても色んなデザイン・サイズがあります。
時々市販されている封筒に社印を押して利用されている封筒をたまに見かけますが、やはりしっかり印刷される事を強くお薦めします。
節約するべきところは節約してお金をかけるところはかけておきましょう!
会社のイメージに繋がりますので。

封筒の種類


1・長型3号(長3と言います)
最も一般的な請求書を入れて出す・A4を3つ折り(カタログ1枚)にして入れる長型3号。
よく出るベースの色は白が多いかな?下記の写真のようなものは最近あまり見ないですね。
長型3号の写真

2・角2
仕事で書類などを入れる角2封筒。A4の書類を折らずにそのまま入れる事が出来ます。
上の長3とこの角2がビジネスでもっともよく利用されていますね。
こちらもベース色は白が多いですね。
やはりビジネス書類はこれに入れられて郵送されたりもち運びされていますね。
もう定番中の定番です。
a4号の写真

3・洋型2号
招待状・引越の案内などでよく利用されています。
葉書サイズのものをそのまま入れる事ができます。
今後起業・独立される方は長3・角2・洋型2号の3種類をご用意ください。
洋型2号

4・透明封筒
ダイレクトメールを入れる際によく用いられますね。
従来の封筒で出しても受け取る側が相手先に心当たりがなければ「なんだ。ダイレクトメールか!」と読まれずにそのままゴミ箱行き!というのはよくある話。
そこで近年利用されているのが透明封筒です。
全面透明で、宛先は住所シールのため中身が開封せずに見れる!というメリットがあります。
そのため魅力的なキャッチコピーで開封前に興味を持たせる事が出来ます。

他にも多数のサイズがありますが、一般的なものはこのくらいですね。

*印刷するのは「会社名」「郵便番号」「住所」「電話番号」「FAX番号」「ホームページのURL]「メールアドレス」

封筒の数(ロット)


大体1000枚が基本です。「え〜っ、1000枚!」と驚く方もみえますが貴方が思っている以上に封筒はすぐに無くなってしまいます。
とくに毎月発行する請求書。これを入れる長3は宛先の数にもよりますが減るのは本当に早いです。
ここで100枚・200枚で印刷をかけるとおそらく後悔されます。
何かの事情がある方はお気軽にご相談下さい。

封筒デザイン

封筒の刷り色


色数は1色がほとんどですが、ロゴマークに色数が多いとカラーになる場合があります。
でも大体1色刷りが主流です。
デザインに拘れば一色でも十分かっこいい封筒が出来あがります。

お問合せ、お見積り、ご契約、デザイン作業、確認・修正、最終確認、印刷、納品

よくある質問

デザインから印刷まで。お気軽にお問い合わせ下さい。